【運玉投げ】鵜戸神宮【ここにも漣痕】

Youtube 水無月日本探訪記
【運玉投げ】鵜戸神宮【ここにも漣痕】
https://youtu.be/bJTdJnFvCCE

f:id:m-ryouma:20220308220758j:plain

今日ご紹介するのは宮崎県の「鵜戸神宮」です。

 

f:id:m-ryouma:20220308220825p:plain

場所は、宮崎県の最南端です。

旧国名で言う大隅国との県境に近い場所にあります。

 

f:id:m-ryouma:20220308220913p:plain

更に拡大してみると、こんなかんじです。

先日お伝えした青島神社と同じく海岸と山がせめぎ合っている場所にあります。

 

最寄りに飫肥城がありますので、訪問の際は流れで飫肥城もオススメです。

古い町並み、街に小川が流れ、小川には鯉が泳いでいるという風流な街です。

 

f:id:m-ryouma:20220308221134j:plain

駐車場から鵜戸神宮まではこんな感じの階段を登っていきます。

 

f:id:m-ryouma:20220308221212j:plain

鵜戸神宮の全貌です。

こんな感じで山を神社に改造している場所です。

 

f:id:m-ryouma:20220308221244j:plain

鵜戸神宮の正門です。

 

f:id:m-ryouma:20220308221311j:plain

第二の門です

この日は生憎の雨、入り口の土産物屋の前を通ったら店のおばちゃんが

 

「傘持っていきな!」

 

と傘を貸してくれたので助かった。

 

帰りに傘を返すと、お世話になったのでお土産を幾つか買ったところ

他にもおまけを沢山頂いた。

話を聞いてみると、砲丸投げ室伏と同じ高校の同級生のお母さんだそうだ。

面白いところに面白い出会いがあるもんですな。

 

f:id:m-ryouma:20220308221602j:plain

石灯籠の説明。

 

f:id:m-ryouma:20220308221627j:plain

鵜戸神宮の御由緒。

主祭神鵜草葺不合命(ウガヤフキアエズノミコト)

九州ではよく見かける、山幸彦豊玉姫の子供であり、神武天皇の父親でもある

重要人物です。

 

f:id:m-ryouma:20220308221753j:plain

この鵜草葺不合命の陵(お墓)もここにあります。

今の古墳は文化庁が勝手に誰々のお墓と決めたケースばかりなのですが

ここは歴史ある場所なので信憑性は高いんじゃないかなぁと、思う。

 

f:id:m-ryouma:20220308221939j:plain

鵜戸神宮の本殿の説明。

 

f:id:m-ryouma:20220308222013j:plain

休憩所にあった、「おちちアメ湯」なるものがある。

 

f:id:m-ryouma:20220308222057j:plain

関東では馴染みが薄い「アメ湯」

おちちというので牛乳でも入ってるのかな?と思ったけど、岩清水で作ったんですな。

 

f:id:m-ryouma:20220308222215j:plain

神橋の説明。

 

f:id:m-ryouma:20220308222311j:plain

この橋より奥は神域、かつては土足厳禁だったそう。

 

f:id:m-ryouma:20220308222347j:plain

神橋からみる山門。

風情がありますな。

 

f:id:m-ryouma:20220308222423j:plain

神橋からみる本殿のある海蝕洞。

 

f:id:m-ryouma:20220308222502j:plain

運玉というものがあります。

 

f:id:m-ryouma:20220308222613j:plain

こちらが運玉。

 

f:id:m-ryouma:20220308222914j:plain

この運玉をこの穴に投げ入れます。

男性は左手、女性は右手で入れるというルールがあるようです。

 

f:id:m-ryouma:20220308223225j:plain

かつては運玉ではなく、現金を投げ入れていたそうな。

その投げ入れた現金を拾いに行った人がいたそうで、「これはまずい」となり

運玉を購入し、投げるという仕組みに変わったそう。

 

f:id:m-ryouma:20220308223414j:plain

こんな断崖、小銭拾うために降りるなんて絶対ムリ!!!!

 

f:id:m-ryouma:20220308223501j:plain

こちらが本殿。

海蝕洞の中に作ったらしいです。

 

f:id:m-ryouma:20220308223539j:plain

かつては「西の高野」といわれ修験道の聖地の一つだったそう。

しかし、明治の廃仏毀釈の折、それも撤廃され鵜戸神宮となったそうだ。

 

f:id:m-ryouma:20220308223700j:plain

こちらが海蝕洞の中にある「お乳岩」

 

f:id:m-ryouma:20220308223734j:plain

「お乳岩」の由来。

 

f:id:m-ryouma:20220308223758j:plain

こちらが「お乳岩」

全然わからないけど、これが御乳岩。

 

f:id:m-ryouma:20220308223858j:plain

お参りが終わる頃には雨もあがりウキウキ気分で駐車場へ。

 

f:id:m-ryouma:20220308223941j:plain

駐車場へ戻る最中、ちょっと寄り道をば。

この当時はまだ地質には興味無かったんだけど、片鱗はあったんですな。

 

f:id:m-ryouma:20220308224022j:plain

こちらが千畳敷奇岩。

青島神社で紹介した鬼の洗濯岩と同じですね。

 

こちらはこのレベルの大きさの岩がゴロゴロしているのが凄い。

 

f:id:m-ryouma:20220308224131j:plain

帰りの石段で見つけたカニの兄貴。

石段の隙間が住処とは、なかなかいいところに住んでいらっしゃる。

 

f:id:m-ryouma:20220308224228j:plain

また別の場所のカニの兄貴。

めっちゃ威嚇してくる。

 

f:id:m-ryouma:20220308224251j:plain

そのまま隙間へとご帰陣され申した。

 

f:id:m-ryouma:20220308224318j:plain

しかし、カニが多い。

どいつもこいつも挨拶代わりに威嚇して去っていく。

まじでカニの挨拶かもしれない。

 

f:id:m-ryouma:20220308224400j:plain

石段で見つけた水舟なるもの。

調べても全然情報がヒットしないので、もしご存じの方がいれば情報Plzです。

 

f:id:m-ryouma:20220308224446j:plain

そんなこんなの「鵜戸神宮」でした。

 

Youtubeのほうはもうちょっと写真多めなので是非とも見てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<油津駅から鵜戸神宮へのアクセス 徒歩>

goo.gl

最寄りのJRの駅である油津駅から徒歩で2時間弱、13キロの道のりは長い。

 

<鹿児島中央駅から鵜戸神宮へのアクセス マイカー>

goo.gl

距離にして140km、時間にして2時間弱。

道中、蒲生の大楠などを見る場合+2時間くらいかな?

 

<宮崎空港から鵜戸神宮へのアクセス 公共交通>

www.miyakoh.co.jp

宮崎空港から鵜戸神宮まで土日のみ観光バスが出ていたけど今は

コロナの影響で運休とのこと。。。

 

よって、この路線バスしかありませんね。

だいたい1時間半ってところでしょうか。

https://www.miyakoh.co.jp/rosen/0_jikoku/9-02_20211001.pdf

 

料金は1510円とのこと。

 

<飫肥駅から鵜戸神宮へのアクセス 公共交通>

https://www.miyakoh.co.jp/bus/rosen/50on/1_16.pdf

 

 

Youtube 水無月日本探訪記
【運玉投げ】鵜戸神宮【ここにも漣痕】
https://youtu.be/bJTdJnFvCCE